ブルーベリー狩り

月も後半になると、6月に震えていた寒さがウソのように「暑い、暑い」の大合唱になりました。

砂川にも「熱中症情報:厳重警戒(12時、15時)激しい運動は控えよう」が出る始末。

夏休みが始まると同時に「真夏」に突入しました。

 

【ブルーベリー狩り】

三谷果樹園のブルーベリー狩りが28日(土)から始まりました。

初日は所用があって狩りに行けなかったので、翌29日の午前中に参戦することにしました。

前日は、朝食後のデザートを抜いて、狩りでデザートを調達するつもりでした。

ところが、いつもどおりヨーグルトにフルーツソースをトッピング。

しかも、念のいったことに、ソースはブルーベリーだったのですから、習慣というものは恐ろしいものです。

 

 

セミの大きな声が、ジリジリと今日も暑くなるぞと伝えています。

ブルーベリーの味見をしながら、こちらの木でポチポチ、あちらの木でポチポチ。

お好みの味を見つけるのも楽しいものです。

 

2

甘味と酸味のバランスの取れた実を探しながらポチポチ。

大きな実を選んでポチポチ。

大きな実が甘いとは限りません。

パクっと食すると、予想外に酸味が強いのがあって、驚かされます。

生食するには甘いほうが好まれますが、加工するには酸味も大切な要素なのです。

 

畑を全部回りきらないうちに口の中が甘くなってしまいました。

「これくらいでいいかな?」

今日の収穫は、1.5kg、2,550円(お持ち帰りは、100g 170円)でした。

入園料は、お一人様500円で、園内食べ放題。

ところが、「えびすの木」のオーナー特価で、入園料はお一人様300円でした。

えびすの会員の方は、入園のとき会員証を提示すると割引をしてもらえます。

えっ! 会員証がない?

仕方ありません、口頭で、「りんごの木のオーナーです。えびすのメンバーです」とお伝えください。

オーナー特価で食べ放題ですよ(笑)

 

【えびすの木】

おっ、そうでした。

OKUには、「えびすの木・報告大使」の役割もあるのでした。

こちらも、忘れていませんよ。

ちゃんと確認してきました。

ピンポン玉よりも大きくなり、多少色づいてきました。期待が高まります。

 

ラブラブのりんごの実も見つけました。

先週は、葉に隠れて見つけることができなかったのです。

あ~あ、園主に見つかって摘果されちゃったと思っていたのですが、園主によるとパートさんが摘果しようとしたのを「わざと残したのかもしれないから、そのままにして」と、残してくれたのだそうです。

Oh! ありがとうございました。

2つの花が一つにくっついてそのまま実になったのだそうです。

誰が食べることになるのか、気になります。

無事に育つといいね。

 

【白樺の顔】

帰りしな、園主が「OKUさん、白樺の顔を見てきましたか?」

「白樺の顔?」

何のことか分からずに怪訝そうにしているボクを、その場所に連れて行ってくれました。

Oh! これが白樺の顔ですか。

「はじめまして」

自然というものは、面白い絵を描くものです。

入園料を払って、ブルーベリーの木に行くまでの間にある白樺の樹にこの顔を見ることができます。

行きよりも、帰りのほうが見つけやすいかもしれません。

ブルーベリー狩りのときにご挨拶すると、望外のご利益があるかもしれません。

 

バラのオープンガーデンを楽しんでいるOKUです。 見てねー!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください